校長挨拶

                 『すべての生徒が文武両道の実践に全力で取り組み活躍できる学校』

              ~部活動で成長し、進学に挑戦する越西生~

 

 

 本校は、今年で創立42年目を迎える、普通科の男女共学校です。越谷の西端にあり、南に「しらこばと運動公園」、東に元荒川と、武蔵野の面影をとどめる環境に恵まれています。

 目指す学校像を、表題のとおり掲げ、生徒諸君は勉学に、学校行事に、部活動に充実した学校生活を過ごしています。

 学習指導では「朝の読書」、「朝の小テスト」、「補習」や「少人数制指導」等を実施し、漢字検定、英語検定をはじめとした資格取得を充実させています。また全生徒がスタディサプリに加入し、到達度テストを踏まえ個々の学習課題に応じた動画活用と、きめ細やかな進路指導にも取り組んでおります。令和元年度卒業生は半数超の四年制大学進学をはじめ、進路実現を遂げました。

 全生徒の9割超が部活動に加入し、活動を充実させています。毎年多くの部が県大会出場を果たすことはもとより、関東大会、全国大会でも越谷西高校の名を広めてきました。

 教職員は一致結束して、生徒諸君の高校生活を充実させるために全力を尽くしている学校です。中学生のみなさん、ぜひ越谷西高校においでいただき、生徒諸君の真剣なまなざしと躍動をご覧ください。

 

                                            校長  浅賀 敏行

 

 

◎目指す学校像

すべての生徒が文武両道の実践に全力で取り組み活躍できる学校

~部活動で成長し、進学に挑戦する越西生~

 

◎本年度の重点目標

1 自主的な学習習慣を確立させ、学力の向上と進路希望の実現を図る

2 学校行事、部活動を通じて、人間性豊かで心身のバランスのとれた生徒を育成する

3 中学校・保護者・地域との連携を強化し、信頼される学校づくりを推進する

 

◎学校経営方針

1 生徒の資質能力向上

 (1) 常に授業改善に努める

 (2) 家庭学習習慣および進路実現のためスタディサプリを十全に活用する

 (3)非認知能力を育成伸長する場として、部活動を充実させる

 (4) 第一志望をあきらめない進路指導を充実させる

 (5) 新学習指導要領の趣旨具現化に向けた研究開発

2 安心安全な環境づくり

 (1) 事故ゼロ、防災を徹底する

 (2) 「部活動に係る活動方針」を遵守する

 (3) いじめ根絶、人権感覚育成、生徒一人一人の教育的ニーズに応じる教育環境を整える

 (4) 地域、保護者等との連携を強化する

3 教職員の健康保持向上

 (1) 働き方改革を推進する

 (2) コンプライアンスを徹底する~不祥事防止~

 (3) 同僚性発揮による職場づくりを推進する

 

 

お知らせ

平成2年度第1学期式辞

令和2年度1学期始業式式辞.pdf

入学式式辞

令和2年度入学式 式辞

 

 学び舎の桜は例年になく早く咲き、今は新緑さえ芽吹いています。新生活の開始を祝うこの佳き日に、埼玉県立越谷西高等学校第四十二回入学式を挙行できますことは、本校にとってこの上ない喜びであり、心よりお礼申し上げます。

 

 先ほど入学を許可いたしました318名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

 皆さんが入学試験を突破し、この日を迎えられたのは、皆さん自身の努力の成果であることは言うまでもありませんが、ご家族や先生方など、これまで皆さんをはぐくみ、支えてくれた方々のおかげでもあります。こうした方々への感謝の気持ちと、合格発表の日の感動を忘れることなく、高い目標を掲げて、3年間の高校生活を送ってほしいと思います。

 また、保護者の皆様におかれましては、本日お子様が晴れの入学式を迎えられましたことを、本校職員を代表いたし、心よりお慶び申し上げます。

 

 さて、現在、世界中は新型コロナウィルスの猛威にさらされており、この入学式の縮小をはじめ、授業再開の日まで、自宅待機と自宅学習を余儀なくされています。これまで私たちは、先人のたゆまぬ工夫と努力の恩恵に浴し、豊かな生活を送ってきました。しかし、感染防止のためのさまざまな制約は、ウィルスの終息を見るまで、しばらくのあいだ続くものと思われます。

 

 しかし、人類の歴史を紐解くと、新型コロナウィルスをはるかに凌ぐ事態に、何度も直面しています。例えば、中世ヨーロッパで猛威をふるったペストは、14世紀に70年以上のあいだ断続的に流行し、致死率は30%から60%に及び、当時ユーラシアに一大勢力を築いていたモンゴル帝国を衰亡させる要因ともなりました。

 当時の医療技術では、ペストに関する科学的な究明など期待できず、医師のなかには、腫れ物を切開したり、毒蛇の肉を薬と称して与えたりする者も少なくありませんでした。さらに疫病の原因を「神の怒り」であると信じた人々の間で、様々なデマや憶測が飛び交い、異民族の迫害や大量虐殺がいたるところで繰り返されるなど、猖獗を極めました。

 この出来事からすでに700年経っていますが、私たちは、この700年の間で、人類がいかに多くの無知や偏見を乗り越えてきたのかを、思い知らされます。

 

 ひるがえって現在、感染症対策の専門家は新型コロナウィルスの特性を究明して感染を絶つ要点を公表し、保健所をはじめとする行政機関はひとつひとつの感染経路特定に懸命の努力を続け、医療機関はまさに不眠不休で治療にあたるなど、これまで人類が築き上げてきた科学的英知と社会システムを結集し、感染拡大と闘っている最中です。

 私たちはこの状況下で、誰もが不安を抱きつつ暮らしています。人類は必ずウィルスに打ち勝ちます。ですが大切なのはいかに早く、被害をいかに最小限にとどめて、打ち勝つかです。私たちは自ら感染経路となり、ほかのだれかの命を脅かすような無知や偏見と決別して、現代人にふさわしい振る舞いをしなくてはなりません。

 

 「生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、最もよく変化に適応したものである」、とダーウィンは言いました。

 変化に適応するとは、人類が築き上げてきた知の体系を、しっかりと継承し、そして人々とよく話し合い、協力し支えあうことであると、私たちは新型コロナウィルスから学ぶことができます。

 

 さて、本校は目指す学校像に文武両道を掲げています。「文」とは、授業を中心として知の体系を継承しさらに発展させること、「武」とは、部活動を中心として、仲間とよく話し合い、協力し支えあうことを表しています。

 新入生の皆さんが、本校の良き伝統を余すことなく受け継ぎ、さらに発展させ、実り多い高校生活を過ごすこと、そして、どのような困難に直面しようとも、仲間と英知を集め、果敢に立ち向かう気高さと鷹揚さを研ぎ澄ますことを願います。

 

 保護者の皆様には、これまで各ご家庭で慈しみ育まれた子育てに、心より敬意を表します。これからは本校教職員も参画し、お子様が健やかに社会に向かって巣立つべく、全力で取り組んでまいります。

 時にはご家庭と学校との間で見解の相違等があるかもしれません。かような場合であっても、本校教職員は、お子様の健やかな成長を、保護者の皆様と、共に願う立場として、良好な関係構築と連携強化に努めてまいります。ご不明の点は、ご遠慮なく学校へお寄せくださり、ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 結びに、新入生の輝かしい成長を願い、関係各位並びに保護者の皆様のご健勝を祈念し、式辞といたします。

 

 令和2年4月8日

                                   埼玉県立越谷西高等学校長 浅賀 敏行