日誌

女子バスケット部

女バス 東部支部選抜1名選出!

 先日の県大会で大金星を逃し意気消沈・・・。監督が一番しているのでは?、と選手のケアに来てくれた加藤整形外科の方に言われてしまいました(まぁそうでしょう!笑)が、そうは言ってはいられません。4月に向けてチームの強化が始まっています。

 3X3を練習で導入しています。カテゴリーを4チームずつの2つ(上位リーグと下位リーグです)に分け、それぞれのカテゴリーで総当たり戦を続けています。1位から4位まで決め、それに応じて最後はトレーニング。チームのメンバーは、私がキャプテンをまず指名し、キャプテン同士で話し合って決めています。2日やったら新チームに変えます。その際、選手にはカテゴリーの昇格・降格がありますので、「下のカテゴリーには落ちないぞ!」、「上のカテゴリーでやりたい!」などと良い競争が起きています。

 実際の公式戦は10分または21点先取で行われますが、本校では5分または13点先取で行っています。ハーフコートで行うので5対5より楽かな?、と思われるかもしれませんが、ショットクロックは12秒(以内にシュートを打たなければならない)なので、かなりアップテンポです。やってみると分かりますが、相当ハードです。

 私の友人であるドイツ人のトステン・ロイブルが3X3現日本代表の男女の総監督です。東京オリンピックでは真剣に金メダルを目指しています。彼は中高生など若い世代に、積極的に3X3に取り組んでもらいたいと話しています。その理由として、

・more responsibility(3人しかいないので、個々の果たすべき責任が大きい)

・more space helps improving skills(スペースがあるので、個々の1対1や2対2などの技術の向上につながる)

・more pace ( 10 min sprint ) (切り替えが速い。10分間全力疾走しているようなものである)

・quick decision, always non stop(時間がないので素早い判断が求められる。それが終始止まらない)

・learn to play physical(ファウルの基準が違い、コンタクトプレーが激しいので、それに慣れることができる)

・handle stress(時間などのプレッシャーに常にさらされた状態で戦わなければならない)

・leadership(3X3では試合中コーチのアドバイスは厳禁。自分たちで考え、解決しなければならない)

・fun and excitement!(とにかく楽しい!)

などと紹介してくれています。

 選手には3人で前もってよく話し合っておくよう指示しています。そしてゲーム中は私は何も言わないようにしています。すると、選手間でよく話をするようになりました。しっかり点差や時間を考えてプレーする場面が多々もあり、日々選手の成長を見て取れます!本校選手には感想を書かせてみました。ハードではありますが、とても楽しいそうです!

 ぜひ、多くの選手に体験してもらいたいと思います!3X3で他校と練習ゲームをしてみようかな?

 

 1月25日(土)に埼玉県東部支部の選抜選手の選考会がありました。本校からは4名が参加しました。15名が選抜されます。厳しいセレクションの末、本校からは2年生の江川心音(春日部東中出身)が選ばれました。昌平5名、久喜4名、草加南2名、春日部女子、草加西、花咲徳栄、本校から各1名と聞いています。まずはチームが強くならないと選ばれることはありません。江川が選ばれたのもチームのみんなで頑張ってきたからこそです。江川にはチームの代表として頑張ってもらいたいと思います。

 選抜チームは2月16日(日)に上尾運動公園にて行われる四支部大会(東西南北の各支部選抜チームが集まって戦います)に向けて練習を重ねていきます。私も15年、選抜のスタッフをやってきました。大変だとは思いますが、選抜スタッフと選手の皆さん、応援していますので頑張ってください!

0

女バス 学校説明会お待ちしております!

 埼玉県新人大会をベスト16で終えた本校女子バスケットボール部は、さっそく翌日の1月13日(月)に練習を開始しました。練習開始時に、「4月に向けて、チームのために、一人一人が成長してほしい」と伝えました。

 この日はさっそく谷口さんのトレーニング。前日の試合前、選手たちには、「勝てばトレーニングは調整。負けたら4月に向けて再出発のトレーニングだぞ!」と伝えておいたので、この日からガンガントレーニングです!

 次の公式戦は4月になります。そういった意味で、冬はじっくり鍛える時期です。トレーニングに励ませたいと思います。

 それからもうひとつ。「3X3(スリーエックススリー、と読みます)」を始めてみようと思います!

 3X3はハーフコートで行う3対3のゲームで、東京オリンピックから正式種目に採用されます。男女日本代表の監督は私がかねてより親交のあるトステン・ロイブル。彼からは「3X3は中高生にぜひ勧めたい。個々のスキルアップにつながる。ハーフコートではあるが切り替えが速いので、それも最終的には5対5にも活かされる」と勧められていました。

 ハーフコートではありますが、3対3ですのでスペースがあり、個人技術が重要となります。また、シュートを決められた後も休むことなくすみやかに再開されるので、オフェンス・ディフェンスともに休む暇がありません。この日は代表の6名にやらせてみましたが、少しやっただけでハーハーゼーゼーです!

 早くも成長の予感が見て取れた、良い一日となりました!

 

 1月19日(日)の学校説明会についてです。私(山岸)は県大会の役員のため、本校には不在となります。副顧問の清水が対応にあたります。午前中の学校説明会にもいていただきますので、話を聞きたい方は、清水までお声がけください。また、どこかで昼食を取っていただく必要がありますが、12時から15時までは練習見学が可能です(入試直前でありケガ等あるといけませんので、練習参加はご遠慮ください)。

 もうそろそろ進路を決める時期ですね!ぜひお越しください!

0

女バス 3点差で県ベスト8逃す!

 埼玉県新人大会の3回戦が1月12日(日)に春日部市庄和体育館にて行われました。相手は浦和西高校でした。浦和西は伝統的に県大会上位の常連で、秋は南部支部大会で優勝した強豪です。

 序盤からクロスゲームとなります!第1クォーター(Q)を13対15、第2Qを23対26でそれぞれ終えます。大接戦です!

 第3Q、接戦が続きますが、相手が引き離しにかかります!たまらずタイムアウトを取り立て直します。本校選手、大きく崩れることなく踏ん張ります!終盤、本校が連続して得点し、ついに逆転!38対37で第4Qを迎えます!最終Q序盤、本校選手が躍動します!点差を離すと相手がたまらずタイムアウトを取ります。その後は浦和西に頑張られ、一進一退の戦いが続きます!終盤、相手が決めて3点リードされます!しかし本校もその後フリースローをもらい、2本きっちり決めて再び1点差で相手の最後のオフェンスに!さすがは浦和西、しっかり2点ショットを決めて3点差とされますが、本校が速攻をしかけ、本校のキャプテンがノーマークで3P!外れますがリバウンドを奪い、再び本校が3Pを打ちます!が・・・。ショットは外れ試合終了のブザー。51対54で敗れ、大金星を逃してしまいました。

 この日も多くの保護者の方々に応援に来ていただきました。ありがとうございました!本校選手は本当によく頑張りました!しかし本校は3連戦で相手は2連戦。最後、本校選手は足にきてましたね。勝ち切ることができず、残念な結果となってしまいました。

 さらに、同じ東部支部の多くの先生方も応援に駆けつけてくれました。県ベスト8に入ると、その支部の県大会出場枠が増えるシステムになっています。本校が勝つことは東部支部に貢献することにつながったわけですが・・・。期待に応えられず申し訳なく思います。

 選手は本当によく頑張ってくれました!そして、この3連戦で大きく成長してくれました!だからこそ敗戦は本当に悔やまれます。これで次戦は4月の関東大会県東部支部予選会となりました。この日の解散時、選手には、「この悔しさを絶対に次に活かすぞ!」と伝えました。今年度3戦連続で負けていた春日部女子に勝ち、伝統ある浦和西に接戦を演じたことで、間違いなく自分たちの成長を感じ取れた大会となりましたが、ここれで満足しているわけではありません。私も反省します。選手もしっかり反省です!監督・選手ともに春に向けて頑張って参りますので、引き続き応援よろしくお願いします!

 

 1月19日(日)の学校説明会については、近日中に案内をアップさせていただきます!

0

女バス 県大会2回戦突破!

 埼玉県新人大会の2回戦が1月11日(土)、春日部市庄和体育館にて行われました。相手は東部支部3位の春日部女子高校。今年度は公式戦ですでに3度対戦し、全て敗戦している相手です。11月は10点差で敗れました。

 今回、本校が有利だった点が、本校は前日に初戦を終えていますが、春女はこの試合が初戦だったことです。その影響からか、ゲームの入りは珍しく本校が圧倒しました!前日と違い、今度は本校がチャレンジャー。選手が積極的なプレーを見せます!第1クォーター(Q)を終えて16対7。最高の入りをしました!第2Qもこの流れは変わらず、31対18で前半を終えます。

 第3Q、春女はいろいろなディフェンスを駆使し本校を守りにきますが、十分に準備してきたので、選手があわてることはありませんでした。第4Qに点差をつめられる時間帯もありましたが、そのたびに本校選手がビッグショットを決めます!最終的には56対45で勝利となりました!

 この日も大変多くの保護者の方々に応援に来ていただきました。ありがとうございました!草加西に対しては夏負けましたが秋にリベンジ。春女には夏と秋負けましたが冬にリベンジを果たしました。うまくいきすぎです。油断せずに次戦に備えたいと思います。

 これで本校は県ベスト16に進出。私が赴任して3年目が終わろうかとしておりますが、順調に勝ち上がってきています。

 次戦は翌12日(日)11:30より同会場にて、相手は県上位の常連校である南部優勝の浦和西に決まりました。この試合は県ベスト8決定戦にあたります。チームは大きく成長しています!監督・選手一同頑張りますので、どうぞ応援よろしくお願いします!

 

 男子部は南部優勝校の大宮東を破ってベスト16進出!おめでとう!!次戦も楽しみにしてます!

0

女バス 県大会初戦勝利!

 埼玉県新人大会が1月10日(金)に始まりました。本校は初戦を春日部ウィングハットで迎えました。相手は同支部となる草加高校でした。

 序盤、草加の勢いに圧倒されます。本校選手は落ち着いてプレーができないまま、主力選手にファウルがかさみます。たとえうまくいかなくても、これはいけません。12対17でリードを許し、第2クォーター(Q)へ。するとようやく本校選手が落ち着いてきます。逆転すると、その後も点数を積み上げることができ、前半を37対30で終えます。

 第3Q、本校選手が躍動し、一気に20点差近くまでリードを広げます!その後は少しつめられて59対46で第4Qへ。最後の10分間、序盤は草加が頑張りリードをつめられますが、再び引き離し、78対66でゲームは終了。無事、1回戦を突破しました。

 この日は平日ながら、多くの保護者の方々に応援に来ていただきました。ありがとうございました!うまくいかない場面が多々ありましたが、公式戦では何よりも勝利が大切。反省点は次戦に活かしたいと思います。

 2回戦は翌11日(金)11:30から春日部市庄和体育館にて、相手はシード校の春日部女子高校。夏は2点差、秋は10点差で敗れた相手です。リベンジのときです!監督・選手一同頑張りますので、応援よろしくお願いします!

0

女バス いよいよ県大会です!

 県大会直前に県外へ練習ゲームに行ってまいりました。

 

 1月6日(月)は千葉県の習志野高校へ。千葉県の浦安、埼玉県の浦和学院も一緒に終日練習ゲームを実施しました。浦安、小さいけどうまいですね!とくに、速攻のつめ、と言われる2対1や3対2はおみごと!相当練習を積んでいるそうで、見習わないといけません。また、浦和学院とは久々のゲームとなりましたが、南部優勝校と延長で敗れただけあって、力があります。近いのでまた練習ゲームをやれればと思います。

 習志野の中谷先生をはじめ、皆さまには大変お世話になりました!県大会頑張りましょう!

 

 翌7日(火)は栃木県の小山城南高校へ。小山城南はここ数年は県ベスト8の常連。顧問の山﨑先生には審判でもお世話になっています。そして、ご一緒させていただいたのが、今年度のインターハイに出場した白鴎大足利。監督の香山先生も元A級審判員であり、過去にお世話になりました。3校で終日ゲームです。

 小山城南は小さいですけどうまいです!午前のゲーム、最初の15分くらいまでは何とか食いついていけますが、最後はやられてしまいます。何度も来させていただいていますが、毎回勉強になります!午後は何とかついていけました! 

 そして白鴎大足利。とにかく速い!まずは速攻でレイアップを許さないよう指示。何とか食らいつきます!でも選手は「50メートル走を何度もやっている感じ」だったそうです!そのくらいの勢いでゴールに向かってきます!選手はコートのアップダウンだけで大変でした!相手校は個々の力もありますし、本校の選手には見習ってもらいたいですね!

 香山先生、山﨑先生には大変お世話になりました!県大会、頑張って下さい!

 

 そしていよいよ埼玉県新人大会が1月10日(金)より始まります。予定は先日のブログで書いたとおりです。監督・選手一同頑張りますので、どうぞ応援よろしくお願いします!

0

女バス 新年のご挨拶

 明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 年末、顧問は全国高校バスケットボール選手権大会(ウィンターカップ)に審判員として協力させていただきました。厳しい予選を勝ち上がってきた各都道府県の代表チームを間近で見られて大変刺激を受けました!本校選手より大きさや能力がはるかにある選手たちが必死になってディフェンスとリバウンドを頑張ります。本校選手にも見学に来てもらいましたが、感じるものはあったようです。自分たちの取り組みを見直す良い機会になってくれたらと思います。

 

 12月27・28日は草加西高校へ。越ヶ谷、八潮、獨協埼玉、庄和、福島東が加わり練習ゲームを終日実施しました。毎年恒例で、私にとっては13年目になります。いろんな選手にチャンスを与えられて実りのある2日間となりました!先生方、そして選手の皆さん、大変お世話になりました!

 

 そして12月29日(日)は春日部女子高校へ。こちらも毎年恒例となりました、神奈川県立金沢総合高校元監督の星澤純一先生による講習会を実施しました。星澤先生は公立高校という制約がある中、全国優勝を重ねられた名将のお一人です。春女と本校のほか、熊谷女子、鴻巣女子、そして県外から群馬県立高崎商業、東京都立杉並総合が参加しました。

 こちらがリクエストした内容で講習会を実施してもらいましたので、大変参考になりました!

 しかし星澤先生の講習会の一番の良さは、「日本一を目指す選手はどうあるべきか」ということを学べるということです。選手はどう受け取ってくれましたかね。「並んで待っている間に考える」、「見ている人が感動するような練習をする」、「良いチームより強いチームになる」、「真剣に!必死に!」、「感謝の気持ちを持とう」。(講習会で散りばめられるギャグもですが、)大変勉強になります!

 星澤先生、ありがとうございました!

 

 1月は3日(金)から練習を開始しました。3日間練習し、6・7日は県外へ遠征に行ってきます。学校が始まればすぐに県大会です。しっかり備え、公式戦に臨みたいと思いますので、応援よろしくお願いします!

0

女バス 学校説明会お待ちしております!&県大会予定

 本校の学校説明会が12月14日(土)に予定されています。それに伴い、体験入部を行います。学校説明会終了後、体育館の片づけが済みましたら開始致します。参加希望の方は、シューズや練習着、飲み物等を持参のうえ、説明会が終わりましたら案内いたしますので、準備の上、練習に参加いただけたらと思います。終了は13時を予定しております。

 もうそろそろ、進路を決める頃ですね!今回の説明会&体験入部がその一助になればと思います!申し込みなく飛び入りでも対応致しますので、ぜひご参加ください!

 

 埼玉県新人大会の組み合わせが決まりました。本校は東部支部予選で開校以来初のベスト4による決勝リーグに参戦したものの、3連敗を喫し支部4位で終わりました。県大会はノーシードでの出場となりました。

 初戦は1月10日(金)11:30より春日部ウィングハットにて、相手は草加高校に決まりました。草加は支部大会で力ある花咲徳栄高校を破り県大会に出てきました。勢いのある相手です。

 それに勝ちますと翌11日(土)11:30より春日部市庄和体育館にて、相手はシード校の春日部女子高校と対戦します。夏は2点差、そしてこの秋の支部大会では最終戦にて10点差で敗れた相手です。今度こそ負けません!十分に準備して臨みたいと思います!

 そしてさらに勝ちますと、ベスト8決定戦が翌12日(日)11:30より同会場(春日部市庄和体育館)にて行われます。シード校は浦和西高校ですが、その前に浦和西も面倒なチームを相手に勝ち上がらないといけません。

 つまり、大混戦となりうるブロックに本校が入りました!本校が県大会の台風の目になるべく、監督・選手一同頑張りますので、どうぞ応援よろしくお願いします!

 

 そんな春日部女子と本校は、例年通り、12月29日(日)に講習会を実施します。講師は神奈川県立金沢総合高校元監督の星澤純一先生。公立高校という制約がありながら全国優勝を重ねられた、全国でも屈指の名将のお一人です。会場は春日部女子高校で行います。見学は自由ですので、興味のある指導者の方はどうぞお越しください!

 

 私はありがたいことに全日本大学選手権大会(インカレ)に役員として協力させていただいております。大学生にとっては最後にして最大の大会。どのチームも選手も、必死になって頑張ります。選手に見せてあげたいですね!私が感じたこと、学んだことは選手に還元したいと思います。

 私は指導者としての経験が20年を超えました。本校選手、良いものを持っているとは思うのですが、いまいち殻を破り切れていないですね。もちろん、私の指導力不足が第一です。しかし、選手はもっと成長できるはず。県大会まで1か月。私はできることは何でもやろうと思っています!インカレの大学生は君たちよりも能力がありますが、必死になってプレーしていますよ!選手の皆さんも、ある意味もっと無理をするくらいの意気込みで頑張ってほしいと思います!選手の皆さん、県大会、勝ちましょう!本気で勝ちに行きましょう!そのためにも、日々の練習を大切に!

0

女バス 東部4位で終戦!

 埼玉県新人大会東部支部予選会の最終日が11月24日(日)に越谷南高校にて行われました。本校は決勝リーグに参戦中。最終日の相手は本校とともに2敗している春日部女子高校。夏は2点差で敗れた相手です。これが3位決定戦となりました。

 決勝リーグ通じて本校の入りはよくありません。この日の第1クォーター(Q)も良い形が作れず苦戦します。内容は良くないのですが、我慢してプレーしてくれました。何とかしのいで9対13で第2Qへ。しかし第2Qに入ってもまったく落ち着いてプレーできません。タイムアウトを取って立て直しをはかるもののうまく行かず、前半を20対35で終えます。

 第3Q、少しでも点差をつめてくれればと送り出しますが、前のゲームまでと違ってこの時間帯になっても良いところがほとんど出ません。さらに点差を離され35対59で最終Qへ。「ベンチメンバー、上の仲間、そして多くの保護者が応援してくれている。最後までしっかり戦え!」と指示し、逆転ではなく、自分たちのやるべきことに集中させました。最後の10分間はよく頑張ってくれました。逆転までは厳しかったものの、しっかり点差をつめ、57対67でゲームを終えました。

 改めまして、保護者の方々には御礼申し上げます。決勝リーグ、本当に苦しいゲームが続きました。しかし多くの方々が応援にいらしている中、選手には最後までしっかり戦うことを強調しました。私も最後まで立って声がけし、あきらめない姿勢を選手に見せ続けたつもりです。解散時、「応援してくれている人たちがいる。自分のためではなく、仲間やそういった方々のために頑張ろうと、そういう気持ちで戦えるともっと強くなれる」と選手に伝えました。自分がうまくいかないと落ち込んでしまう、まだまだそういった選手ばかりですが、皆さんの応援を選手がどう感じ取ってくれるか。この苦しい苦しい決勝リーグを通して、選手が大きく成長してくれたらと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします。

 これで本校は東部支部4位となりました。夏からは前進しているものの、目標の東部優勝には届かず残念です。この悔しさを晴らすのは1月の県大会ですね!本校はノーシードからの出場になります。12月2日(月)が組み合わせ抽選会。1回戦が1月10日(金)、2回戦が11日(土)、3回戦(ベスト8決定戦)が12日(日)となりますので予定願います。

 本校は26日(火)から修学旅行となり、私と2年生で行ってまいります。少しリフレッシュですかね。戻ってきたらテスト前で部活動はオフとなります。テスト明けから切り替えて頑張って参ります。

 

 中学3年生に連絡です。12月14日(土)に学校説明会が実施されますが、女子バスケットボール部では体験入部(見学でも可)を実施します。午前中に行われる説明会直後に練習は実施しますので、ぜひ申し込みをお願いします。一人でも多くの参加をお待ちしております! 

0

女バス 決勝リーグ最終戦へ!

 本校は埼玉県新人大会東部支部予選の決勝リーグに参戦しています。

 リーグ戦に備えて、11月17日(日)はクラブチームであるハナブサファルコンズとRBCが本校へ。クラブチームでは県内でリーグ戦が行われていますが、その1部リーグの1位と3位のチームです。さすがに強い!決勝リーグに向けて良い練習ゲームとなりました!県上位2チームまで全国大会に出られるようなので、応援したいと思います。頑張ってください!

 11月21日(木)決勝リーグの第1戦が越谷市立総合体育館で行われました。相手は久喜高校。夏は東部支部で優勝した強豪校です。

 (おそらく開校以来?)初の決勝リーグとあって、ゲームの入り、選手はガチガチでした。ありえないミスを連発したのですぐタイムアウトを取ります。「慣れるまで我慢しろ!ディフェンスとリバウンドを頑張れ!」そう声をかけ、久喜の猛攻を何とかしのぎます。第1クォーター(Q)終盤ででいくつかシュートを決めることができ、第1Qを6対12で終えます。最悪のゲームの入り方をしたのに上出来です。しかし本校の緊張はまだまだ取れません。もちろん久喜のディフェンスが良いからそうなっているのですが、こちらももっと我慢強くディフェンスで頑張れれば良かったです。前半を14対35で終えます。

 決して諦める点差ではありません。奮起を促しますが、本校はなかなかうまくいきません。第4Qになってようやく持ち直します。リーグ戦は連戦です。何とか次の試合につなげられるよう頑張らせました。34対63で終戦。完敗ではありますが、もっと戦えるのに、という悔しさの残る敗戦となりました。

 

 翌22日(金)は春日部市庄和体育館にて草加南高校と対戦。やはりゲームの入りがよくありません。相手のディフェンスの厳しさに圧倒されてしまいます。相手は思い切りのよいシュートを打ってきますので、よく入りました!14対30と大きくリードされて第2Qへ。第2Q序盤は相手の勢いが止まらず、20点差まで広げられます。その後徐々に点差を縮め、12点差まで行きます。もう少し縮めて前半終われれば、という場面で相手の3Pが連続で決まり26対44で前半が終わります。

 まだまだ諦める点差ではありません。ギャンブルはせず、きちんと守って走ることを指示。その指示通り選手が頑張ってくれます!点差を少しずつ縮め、48対60で最終Qへ。ここまで来たら本校の流れです!さらに攻勢を強め、点差をつめていきます。残り5分で63対69とし、相手がタイムアウト!もうひと踏ん張り!というところで、最後は相手に頑張られました。63対78で敗戦となりましたが、内容のあるゲームとなりました。

 この2日間、平日ながら多くの保護者の方々に応援に来ていただきました。ありがとうございました!他校の先生から、「越谷西の保護者は応援多いしすごいね!」とお褒めの言葉をいただきました!あと1試合あります!よろしくお願いします!

 決勝リーグ最終戦は24日(日)9:00から越谷南高校にて、相手は春日部女子高校となります。夏は2点差で敗れた相手です。本校はここ2試合苦しいゲームが続きましたが、それは相手も同じ。監督・選手一丸となって1勝を勝ち取ります!応援よろしくお願いします!

0