女テニ日誌

女テニ日誌

女テニ R4学総大会結果

毎度毎度、更新が滞っており申し訳ございません。

 

学総大会の結果について報告させていただきます。

4/16(土)〜 学総大会東部地区予選(個人戦)

シングルス 12位 柴田(3年・葛飾中) →県大会出場

      27位 葛貫(3年・千間台中)

      ベスト48 新井(3年・葛飾中)、中尾(3年・越谷中央中)

      ベスト64 御子柴(3年・葛飾中)、坂下(2年・千間台中)

ダブルス  9位 中尾・御子柴 → 県大会出場

      10位 柴田・葛貫 → 県大会出場

 

1年次から活躍していた現3年生、最後の個人戦では今までで最高の結果を残しました。

 

5/1(日)〜 学総大会県大会(個人戦)at大宮第二公園(さいたま市)

シングルス 柴田    1回戦 vs 浦和麗明 0-6  敗退 → 最終結果:ベスト128

ダブルス  中尾・御子柴 1回戦 vs 早稲田本庄 5-7 敗退 → 最終結果:ベスト64

      柴田・葛貫  1回戦 vs 本庄 2-6  敗退 → 最終結果:ベスト64

 

惜しい試合もありましたが、全て1回戦敗退という厳しい結果となりました。

      

5/14(土) 学総大会県大会(団体戦)atそうか公園(草加市)

1回戦 vs叡明 1-2 敗退

(D 中尾・御子柴 6-4 勝利、 S1 柴田 2-6 敗退、 S2 葛貫 5-7 敗退 )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県大会の団体戦は今まで幾度となく対戦してきたご近所の叡明高校。

お互いに勝手知ったる相手で、ダブルスで勝利、シングルスで敗退と、一進一退の状況で最後を部長に託しましたが、あと一歩及ばず、一回戦敗退となりました。

 

3年生が引退し、一気に部員数が半数ほどになってしまいましたが、これからも応援のほど、よろしくお願いいたします!!

女テニ 新人大会結果

またまた、まとめての更新ですみません。新人大会の結果をご報告します。

 

8/19(木)〜 新人大会東部地区予選(個人戦)

シングルス 16位 柴田(2年・葛飾中) →県大会出場

      27位 坂下(1年・千間台中)

      29位 葛貫(2年・千間台中)

      ベスト64 新井(2年・葛飾中)、御子柴(2年・葛飾中)

ダブルス  10位 柴田・葛貫 → 県大会出場

      ベスト24 坂下・新井

シングルスでは、県大会出場を決めたのは1人だったものの、ベスト64以内に5名が入るなど、チームとしての成長を感じれる結果となりました。

 

10/2(土)~ 新人大会県大会(個人戦)

シングルス 柴田 1回戦 vs本庄 6-2 勝利

         2回戦 vs山村学園(第6シード) 1-6 敗退 → 最終結果:県ベスト64

ダブルス  柴田・葛貫  1回戦 vs浦和学院 1-6 敗退 → 最終結果:県ベスト64

 

昨年、1年生のうちから県大会に出続けている2人。

着実に力をつけている実感はありますが、山村学園や浦和学院といった私立高の壁は大きいです。

 

11/3(水・祝) 新人大会県大会(団体戦)at獨協埼玉高校

こんな近場で、しかもクレーコートの会場が県大会の団体戦に使われることは珍しく、ホームのような状況で試合を行うことができました。

円陣も板についてきました

1回戦 vs細田学園 4-1 勝利

(S1 柴田、 D1 坂下・新井、 S2 葛貫、 D2 渡邉(2年・富士中)・中尾(2年・越谷中央中)、 S3 御子柴(葛飾中))

1回戦の細田学園は昨年、1年生大会で対戦している相手。県大会出場者も複数名抱える学校であったため、厳しい戦いを予想していましたが、今日の越西は気合が入っていました。

 

2回戦 vs越谷北 5-0 勝利

(S1 柴田、 D1 坂下・葛貫、 S2 新井、 D2 中尾・浅井(2年・富士中)、 S3 御子柴)

続く2回戦は勝手知ったるご近所の強豪校。

昨年度は全く相手になりませんでしたが、今年は接戦も全てこちらが制し、なんと5-0の完勝。第3シード浦和学院への挑戦権を得ました。

 

3回戦 vs浦和学院(第3シード) 0-5 敗退

(S1 柴田、 D1 坂下・葛貫、 S2 御子柴、 D2 新井・中尾、 S3 笹原(2年・武里中))

さすがの強さでしたが、選手は皆、挑戦者として自分の全力をぶつけ、果敢に挑んできました。

スコア上では惨敗ですが、得るものの大きかった試合でした。

 最終結果: 県ベスト16

少なくともここ数年間では、最高の成績かと思います。

コロナの影響でずっと一部の部員しか県大会のレベルを見ることができませんでした。今回、多くの部員が県大会のレベルを目の当たりにし、また、ベスト16という成績を残したことで、部全体としてモチベーションの高い状態です。この勢いを継続し、下の代にも続いていってほしいと思います。

次の目標はベスト8です

※手で「8」をつくっています。

 

女テニ 審判講習会(学内)

なかなか天候が安定しないこの時期を利用して、2年生から1年生へ、毎年恒例のルール講習会を行いました。(実際行ったのは先週ですが・・・)

 

どうすれば伝わるかを生徒自らが考え、実践してくれています。

テニスの強さよりも人間としての強さを。こういった取り組みが伝統になっていってくれればと思います。

女テニ 学総大会結果

まとめての更新ですみません。長くなりますが、学総大会の結果を報告いたします。

 

4/17(土)〜 学総大会東部地区予選(個人戦)

シングルス 18位 柴田(2年・葛飾中) →県大会出場

      ベスト48 森(3年・越谷西中)

      ベスト64 三浦(3年・大袋中)、葛貫(2年・千間台中)

ダブルス  10位 柴田・葛貫 → 県大会出場


3年生にとっては最後となるかもしれない個人戦。

部長の森と三浦は意地の結果を見せましたが、ブロック3位(ベスト48)、ブロック4位(ベスト64)と本戦出場には一歩届かず、あとを2年生に託しました。


2年生の柴田・葛貫はブロック2位通過だったため、シングルスは17〜32位決定戦、ダブルスは9〜16位決定戦に臨みました。1回戦で負けたら県大会出場権を逃すというプレッシャーの中、次々と接戦を制し、2位通過の中ではかなりの好成績で県大会出場を決めてくれました。

 


5/2(日)〜 学総大会県大会(個人戦)at岩鼻総合運動公園(東松山市)・大宮第二公園(さいたま市)

シングルス 柴田    1回戦 vs山村学園 3-6  敗退 → 最終結果:ベスト128


シングルスは5/3に東松山の岩鼻運動公園で行われましたが、2-2で良い勝負になってきたところ、雷による中断。5/5に延期となってしまい(会場は大宮第二公園)、残念ながら流れを取り戻せず、1回戦で敗退となりました。

 

ダブルス  柴田・葛貫 1回戦 vs入間向陽 7-6(5) 勝利

            2回戦 vs山村学園(第2シード) 0-6 敗退 → 最終結果:ベスト32


ダブルスは5/4にシングルスと同じく東松山の岩鼻運動公園で行われました。1回戦は入間向陽の3年生ペア。お互いに一歩も引かないシーソーゲームでしたが、そこは接戦に強い柴田・葛貫。最後はタイブレークを制し、このペアとしては初の県大会勝利を飾りました。

続く2回戦は県の第2シードのペア。さすがの実力差を見せつけられてしまいましたが、良い刺激となったと思います。


5/15(土) 学総大会県大会(団体戦)at智光山公園(狭山市)

高校の硬式テニスでは、個人で県大会出場者が出たチームは、地区予選免除で団体戦で県大会への出場権を得ることができます。

例年、3年生は引退がかかった試合となるので、非常に熱を帯びる試合となるのですが、今年度はコロナの影響もあり、応援はなし。登録メンバー6人のみで臨むこととなりました。非常に残念ではありますが、昨年、1個上の代は試合すらできなかったので、試合ができることに感謝して臨みました。

ディスタンスを取った円陣

1回戦 vs成徳深谷 2-1勝利

(D 柴田・葛貫 6-0 勝利、 S1 三浦 4-6 敗退、 S2 森 6-0 勝利 )

1回戦はシングルスでの県大会ベスト64の選手を要する成徳深谷高校。ダブルスは柴田・葛貫が手堅く1勝、S1でその選手と対戦した三浦も善戦したものの一歩及ばず。1勝1敗となったところで、最後は部長の森がチーム勝利を決める、と団体戦としては最高の締め方をしてくれました。


2回戦 vs早稲田本庄 0-3敗退

(D 森・和田(3年・越谷西中) 0-6 敗退、 S1 柴田 1-6 敗退、 S2 葛貫 0-6 敗退 ) → 最終結果: 県ベスト32

 
続く2回戦は県の第9シードである早稲田本庄。

流石にレベルは高かったですが、スコアほどの実力差は感じませんでした。次の代の目標として良い結果を残すことができたと思います。

 戦いを終えて・・・

また、県大会ベスト32は学総大会としては、数年振りの好成績です。

コロナの影響で活動は制限されますが、この良い流れを継続し、次の新人大会、来年の学総大会でより良い結果を残せるよう精進していきます。

 

これからも応援のほど、よろしくお願いいたします!!

女テニ 2020活動納め

今年度は冬休みの部活動ができなくなってしまったため、本日12/24をもって2020年の活動が終了となりました。

 

納め会のようなこともできないので、塩カル撒き・部室の大掃除をした後、

クリスマスケーキで乾杯して2020年の活動を締めとしました。

ケーキで乾杯

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナに翻弄された2020年でしたが、部員の努力と皆様の応援のおかげで大過なく活動を終えることができました。感謝申し上げます。

1月末に予定されている東部地区ダブルス大会(河端杯・荒井杯)がどうなるかもわかりませんが、2021年も引き続き応援のほどよろしくお願い致します。