日誌

2019年8月の記事一覧

【軽音楽部】三郷北高校主催の合同ライブに参加しました

8月25日(日)、三郷北高校で行われた合同ライブに2年生1バンド(Brain Break)・1年生2バンド(qualia、みっくすべじたぶる。)の計3バンドが参加しました。
1年生にとってはデビュー戦、初めての他校での演奏機会となりました。貴重な機会を提供してくださった三郷北高校の顧問の先生、また部員のみなさん、ありがとうございました。

[軽音楽部] 所沢高校主催の合同ライブに参加しました



先日、8/10(土)に開催された所沢高校さん主催の合同ライブに参加してきました!

今回のライブはU-16限定ということで、高校1年生のバンドを中心としたものでした。

本校からは、&ViviHARMの2バンドが出演しました。
夏休みを利用した3日間のオリジナル曲作成講座をきっかけに、
自分たちで初めて考え作った曲を演奏しました。



&Viviは「片想い専門家」という曲を演奏しました。
前日まで、スタジオにこもってアレンジを考え悪戦苦闘して作った曲です。
「両想い」より「片想い」に恋い焦がれるちょっと不思議な女の子の気持ちを綴った歌でした。



HARMは「点P」という曲を演奏しました。
数学が苦手な受験生の恋の歌です。「なんで点P動くの!?」という歌詞は、多くのお客さんの共感を得て、好評でした。

両バンドとも、ほとんどの1年生バンドがコピー曲を演奏する中、
「よく頑張った!!」と思います。

所沢高校の中嶋先生いわく、今回のライブは異例で本来、西部地区の合同ライブはオリジナル曲の割合が非常に高いそうです。そんなレベルの高い地区で、未完ながらも、1年生が一生懸命、自分たちの曲を演奏できたことは良い経験になったでしょうし、顧問としても誇りに思います!

先日、2年生の先輩たちが連盟主催の大会で賞を取ったばかりですが、
その背中を追いかけて、1年生にもぜひ大きく成長してほしいと思います。

最後に、ライブを企画してくださった所沢高校の皆様、大変お世話になりました。また是非ともよろしくお願いいたします。



【軽音楽部】県決勝大会で審査員特別賞を受賞しました

8月2日(金)にさいたま市民会館おおみやにて行われた第9回埼玉県高等学校軽音楽コンテストにおいて2年生のバンドBrain Break(メンバー:野口瑠杏(Gt.Vo.)、中谷凛(Gt.)、金井デフォンマルタ(Ba.)、千田七愛(Dr.)、森七海(Key.))が審査員特別賞を受賞しました!

この日行われたのは県内4地区の予選で優秀賞を受賞したバンドが集まる、県の本選大会でした。この大会は3年生までが出場できるため、連盟が主催する大会の中でも最もレベルが高い大会です。この大会で本校軽音楽部が初めて賞を受賞しました。

そしてBrain Breakはまだ2年生ですので、秋の新人大会そして来年度と活躍の機会があり、作曲スキルや演奏技術にはまだまだ伸びしろはあります。彼女たちも今回の結果を自信にして、今後さらに高いレベルを求め努力を続けてくれるものと思います。
また、暑い中大会に応援に来てくださった保護者の方々にも感謝申し上げます。ありがとうございました。